薬剤師のドラッグストアのアルバイトについて

薬剤師,アルバイト,ドラッグストア

高齢化社会になっているので、薬を必要としている方が多いですし、若い年代の方も仕事や育児などで忙しい生活をしていると体調を崩すことがあります。 ドラッグストアには、数多くの医薬品が販売されているので、幅広い年代の方が利用しています。 大学を卒業して薬剤師の資格を取得している方は、ドラッグストアでアルバイトを始めたいと考えている方が増えています。 なるべく自宅から近い職場に通勤をしたいと考えている方や、お子様がいても働きやすい時間帯に勤務ができるので人気の高い職場になっています。 数多くの薬剤師の求人が紹介されているので、じっくりと比較、検討することが大事です。 職場では、来客に商品の説明を行ったり、持参した処方箋の薬を販売したり、市販の医薬品の販売をするのが主な仕事内容になっています。 大切な薬を取り扱う仕事なので、責任感のある真面目な性格の方が向いている職業です。 お子様のおられる女性の方も働きやすい環境が整っている職場もありますし、残業などが少ない職場も紹介されています。 結婚や出産を経験して、少しブランクのあった方でも研修を受けることができるので、安心して勤務をすることができます。 未経験の若い年代の方も働きやすい職場が紹介されています。 薬剤師の求人は一般的に高収入薬剤師 高収入となっています。

薬剤師のドラッグストアでの仕事内容について

薬剤師,アルバイト,ドラッグストア

薬剤師の就職先として増えているのがドラッグストアです。ドラッグストアは首都圏のみならず、全国的に多数のチェーンストアが増えており、今後も増えるといわれています。ストアが薬局と違うのは調剤以外の商売も同時に行っていることです。多くのストアでは生活必需品を中心に幅広い商品を扱っています。薬剤師として働く場合に仕事内容は主に薬品の管理とお客様への薬のアドバイスとなります。実際の薬の販売は登録販売者が行いますし、レジ打ち等はアルバイト・バイトの方ががんばることになります。薬剤師としては薬の管理に集中できる場合が多いようです。ただし、ストアによっては薬剤師を店長の扱いにしている場合も増えているようです。給料は当然よいのですが、責任範囲と仕事の範囲が増えることが多いようです。ストアの店長としての仕事は多岐にわたります。一般的にはマニュアル化されており、ストアマネージャーもいますのであまり困ることはないと思われますが、薬剤師として薬の管理を主として就職した場合には違和感を覚える方も少なくないようです。ただ、一国の主でもありますから責任感や仕事内容に満足してよりよいお店にするために努力することが楽しいと思う方が多いようです。 86

ドラッグストアの薬剤師アルバイト新着記事

2014/11/09 19:02:09 |
薬剤師の職場の一つにドラッグストアがあります。正社員だけでなくパートやアルバイトでも働けるし、年収や時給も高いです。求人が豊富にあるため、家庭の都合で他の地域に引越しをしても、新しい職場を見つけやすいです。そのため、ドラッグストアへの勤務を考える薬剤師が増えているので、最近では事前にしっかりとした面接対策を行っていないと、採用されにくくなっています。ドラッグストアは、病院や調剤薬局以上に接客態度が重視されます。お客さんから市販の医薬品について相談を受けることも多いので、丁寧で感じの良い対応が求められるのです。お店は他にもあるので、薬剤師の対応の仕方があまり良くなかったら、お客さんは他店を利用す...
2014/11/08 13:58:08 |
医薬品を販売・製造する製薬会社や病院保険薬局、調剤薬局などの医薬品を扱う場所では、薬の適切な管理やそれを取り扱うほかの従業員への指導などをマネジメントする立場の薬剤師が必ず最低1人置かれています。この薬剤師は、管理薬剤師と呼ばれ、ドラッグストアでは店舗全体の経営も任されていることがあります。管理薬剤師になるための試験や資格などの規定はありませんが、一般的に薬や薬事法、診療報酬などの幅広い知識と店舗全体の経営を管理するために実務経験は3年以上は必要とされています。給与は、管理職としての手当がつくため、一般の薬剤師よりも給与はあがります。収入アップやスキルアップを望む人にとっては魅力的な仕事です。...
2014/11/07 10:31:07 |
超高齢化が進む今、薬剤師は病院や介護施設にとどまらず薬局やドラッグストアなど活躍の場が幅広く需要の高い職業だと言われています。専門的で高度な知識を必要とする薬剤師は誰もができる仕事ではありませんから、年齢による制限もありませんし。子供がいる方の短時間勤務や派遣として単発で仕事をするということも可能になる職業です。職業によっては、年齢制限があるものもありますし、中には妊娠出産を機に仕事を辞めなければ、ならなくなるというのはよく聞く話しですが、薬剤師は一生できる仕事ですからそういった面でも魅力的だと思います。しかし、ドラッグストア勤務などは病院勤務とは異なり、薬のスペシャリストとして薬についてのア...
2014/11/06 18:50:06 |
薬剤師の勤務先の一つにドラッグストアがありますが、病院や調剤薬局で働く場合と違ってさまざまな仕事を行います。調剤薬局が併設されている場合は、薬の調剤や服薬指導も行いますが、それ以外にもお客さんからの市販の医薬品に関する相談、商品の陳列、発注や処分などの仕事もあります。薬剤師のドラッグストアでの仕事の中でも在庫管理は重要ですが、医薬品だけを扱うか化粧品や健康食品、日用品や食料品などの商品も扱うかは、勤めているお店の規模によって変わってくるケースが多いです。お店の規模が大きくスタッフの数が多い場合は、薬剤師は医薬品の在庫管理だけを行い、他のスタッフが一般の商品を管理しています。しかし、お店の規模が...
2014/11/05 16:27:05 |
ドラッグストアは、近年急成長している分野ですが元々は個人商店の薬局の分野でした。しかしこうして薬局のチェーン店ができた事で、高齢化社会の現代では新たな買い物モデルが成り立っています。それは、ドラッグストアは街中の小型店舗が多く、郊外型の大型ショッピングモールと比べたら交通手段が自転車でも行ける距離にあり、また、小型店舗なので大型店舗のように端から端まで歩く事が大変という事が無い事もひとつの理由です。一番の理由はそうした立地条件の中で、薬はもちろんの事、日用品やペット用品そして食品など、通常の生活範囲内の必要品はある程度揃う事であると言えるでしょう。しかしこうした業界は労働環境の悪化が言われ、特...

このページの先頭へ戻る